10Bet日本語ガイド

【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ「ルーカス・マティセーvsマニー・パッキャオ」

 

WBA世界ウェルター級タイトルマッチ「ルーカス・マティセーvsマニー・パッキャオ」が7月15日にマレーシアのクアラルンプールにて開催となります。

 

6階級制覇を成し遂げたフィリピンの英雄マニー・パッキャオの再起戦となります。

 

対戦相手のWBA世界ウェルター級王者ルーカス・マティセーはKO率82%を誇るハードパンチャーです。

 

この試合はKO決着必至の好試合になること間違いありませんね。

 

では「ルーカス・マティセーvsマニー・パッキャオ」の勝敗オッズをブックメーカー3社から見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ルーカス・マティセー勝利 2.75倍、引き分け 19.00倍、マニー・パッキャオ勝利 1.50倍、

 

ブックメーカー1xbet

ルーカス・マティセー勝利 2.84倍、引き分け 23.00倍、マニー・パッキャオ勝利 1.47倍、

 

ブックメーカー10bet

ルーカス・マティセー勝利 2.85倍、マニー・パッキャオ勝利 1.38倍、

 

現在のオッズを見ると、チャンピオンよりも挑戦者のパッキャオの方が優勢となっていますが、このオッズは勝敗よりもパッキャオ人気によるものが大きいと感じます。

 

現在のパッキャオの年齢は39歳とボクシングに限らずスポーツ選手としての肉体的ピークはとうに過ぎた年齢です。

 

英雄パッキャオと言えども加齢には勝てないのが現実ですし、パッキャオ自身が2009年のミゲール・コット戦を最後に9年間もKO勝利を果たしていないことからも体の衰えは明白です。

 

ただ対戦相手ルーカス・マティセーの年齢も35歳とパッキャオの39歳ほどではないにしろ、ピークを過ぎている年齢なのがこの試合の妙味なところ、よく言えばベテラン同士の駆け引きが観られる試合となりそうです。

 

パッキャオ陣営にとって更にマイナス面として挙げられるのが、この試合では長年パッキャオが連れ添った名トレーナーのフレディ・ローチと契約を解除し新たなトレーナーと試合に望みます。

 

トレーナー交代の内情は良く分かりませんけど、現在のパッキャオは母国フィリピンで政治家となって多忙を極める身ですから、引退前のひと稼ぎ的な試合に思えてなりません。

 

チャンピオンのルーカス・マティセーは高いKO率を誇るハードパンチャーで、3ラウンド以内のKOが36KOのうち23回と圧倒的に多い数値を残しています。

 

マティセーの特徴からもこの試合は序盤から激しく打ち合う展開になる事は間違いありません。

 

ただマティセーは過去の対戦からもアウトボクサーに手を焼く傾向にあるので、パッキャオ陣営からすれば如何に序盤から中盤までを少ないダメージに留めて乗り切り判定勝利へ持ち込むかを戦略として考えてくるでしょう。

 

試合序盤で決着となる展開ならマティセーが勝利し、逆に中盤以降までパッキャオが持ちこたえることが出来たらならパッキャオにも十分勝機は出てくると思いますが、今回はマティセーがパッキャオに引導を渡す日になると予想いたします。


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

関連ページ

IBF世界ミニマム級王座決定戦「京口絋人vsカルロス・ブイトラゴ」
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
WBA&IBFライトフライ級王座統一戦「田口良一vsミラン・メリンド」
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
WBO世界フライ級王座決定戦「木村翔vs五十嵐俊幸」
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。