1xBet日本語ガイド

【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

平昌オリンピック・フィギュアスケート団体男子ショートプログラム

 

 

フィギュアスケート団体戦の男子ショートプログラムが2月9日に行われます。

 

フィギュアスケートの団体戦は男女シングル、ペア、アイスダンスの4競技における総得点で順位を争う競技となります。

 

男女シングルでは得点を伸ばせますけど、どうしてもペアとアイスダンスが弱点となる日本としては団体戦は不利な競技です。

 

前回のソチでは羽生選手が出場して日本は5位に終わっていますから団体戦での日本のメダル獲得は期待しない方が良いでしょう。

 

ただ個人戦に向けて現状の状態を確かめる上では貴重な場となりますし、今回の平昌オリンピックでは羽生選手は団体戦には出場しませんけども、日本からは個人戦のメダルが期待される宇野昌磨が出場とあって盛り上がりを見せています。

 

では男子ショートプログラムのオッズをブックメーカーから見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

ネーサン・チェン 2.28倍、宇野昌磨 2.44倍、ミハイル・コリヤダ 7.00倍、

 

現在のオッズを見ると1番人気はアメリカのネーサン・チェン、続いて2番人気に日本の宇野昌磨となっています。

 

1番人気のネーサン・チェンはアメリカ国籍の18歳の選手で、昨年は四大陸フィギュアスケート選手権優勝、グランプリファイナル優勝、全米選手権2連覇と羽生不在の中、大いに活躍した選手となります。

 

羽生選手のコンディションが不透明ですから、実質的に個人戦の金メダル候補一番手となりますので、団体戦での演技に要注目です。

 

続いて日本の宇野昌磨選手も昨年は羽生選手が不在の中、世界選手権2位、グランプリファイナル2位、全日本選手権2連覇と日本のエースとして活躍してくれました。

 

ただ、実績を見ても分かるように世界戦では全てネーサン・チェンに負けての2位となっています。

 

個人戦で金メダルを取る為にもネーサン・チェンは越えなければならない壁となっていますから、個人戦に向けて良い演技ができるといいですね。

 

3番人気のミハイル・コリヤダはロシア国籍の22歳、昨年はグランプリファイナル3位、欧州選手権3位、ロシア選手権優勝を飾っています。

 

実績的には金メダル候補ではなくネーサン・チェン、羽生結弦、宇野昌磨に続くメダル候補ですね。

 

ロシアはドーピング問題で今回の平昌オリンピックでは国として参加していませんからロシア選手の低迷が予想されます。

 

ミハイル・コリヤダ選手もその犠牲者となりそうな気がしますね。

 

以上上位人気3選手のご紹介しました。

 

男子ショートプログラムの優勝争いは、実績的に見てネーサン・チェンと宇野昌磨の争いとなるでしょうから、オッズは低いですけど、素直に2人を購入することをお勧めいたします。

 

 

 


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

関連ページ

平昌オリンピック「スキージャンプ男子ノーマルヒル個人予選」
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。