1xbet日本語ガイド

【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

日本ダービー2018 気になる出走馬の詳細は?

 

伏兵エポカドーロが皐月賞を制して早1ヵ月が経過。今年の牡馬クラシック第2冠、日本ダービーの日が近づいてきました。今年の日本ダービーは5月27日(日)の15時40分に東京競馬場の芝2400mコースで開催されます。

 

競馬発祥の地、イギリスのダービーをもとに作られた日本のレースで「東京優駿」という別名もあることで知られるこのレース。毎年5月の最終日曜日に開催されるのが伝統となっており、日本の競馬界が最も熱くなる1日と言っても過言ではないでしょう。

 

日本競馬において、馬券的な売り上げも毎年上位に位置するレース。年末の有馬記念も同様に盛り上がるレースですが、あちらは年代を問わずに走れるオールスターレース。いうなれば何度でも出られるというところがダービーとの違いです。

 

日本ダービーは3歳の馬限定のレースで、高校野球に例えるならば夏の甲子園大会とほぼ同義。一生に一度しか出られない大舞台なだけに日本のホースマンは誰もが一度はダービーを制したい、ダービーに出走できる馬に携わりたいと願ってやまないレースです。

 

そんな格式高いレースだけに数々のドラマが生まれてきたのもダービーの特徴のひとつ。2000年代のみに限定しても、00年には関西の名騎手・河内洋(現調教師)が17度目の挑戦で悲願のダービー制覇を成し遂げたかと思えば、翌01年には6年前に圧倒的実力馬だったフジキセキを故障で失った陣営がジャングルポケットでリベンジを果たします。

 

また、05年には英雄ディープインパクトが圧倒的な強さを見せて無敗での二冠を達成し、秋の菊花賞で11年ぶりの三冠馬誕生を決めましたし、その6年後にはオルフェーヴルが雨の中のダービーを制してスターホースへの階段を駆け上がっていきました。

 

また、07年には牝馬のウオッカが制して、64年ぶりに牝馬のダービー馬誕生という偉業を成し遂げました。他にも09年には横山典弘がロジユニヴァースで念願のダービー制覇を飾ったかと思えば、14年には万年2着と揶揄された橋口弘次郎調教師の管理馬、ワンアンドオンリーが勝利して、ダービートレーナーの称号を得ました。さらに昨年も長年ダービーには縁がないと言われていた名伯楽・藤沢和雄が管理するレイデオロが勝利しています。

 

…と毎年のようにドラマが巻き起こる日本ダービー。日本競馬が最も熱くなる1日だけにどんな馬が出走するか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

今年のダービーには絶対的な本命馬が1頭存在します。それが昨年の最優秀2歳牡馬に選ばれたダノンプレミアム。

 

父にディープインパクトを持つ馬と言えば、父譲りのキレのある末脚を想像しますが、この馬の個性はスタートからスッと番手に付けられる素軽いスピード。早めに先頭に立って押し切るというレースでデビュー2戦目にサウジアラビアRCでステルヴィオを置き去りにすると、続く朝日杯フューチュリティSでも早めに抜け出すと2着以下に3馬身半もの差を付ける圧勝を見せました。ちなみに朝日杯では歴代2位の着差。1位はあの三冠馬ナリタブライアンということで、この馬もクラシックレースでの大成が期待されました。

 

今年に入ってからもその勢いは衰えず、年明け緒戦の弥生賞では2番手から悠々と抜け出して勝利。距離の不安をも退け、皐月賞制覇にリーチを掛けましたが、直前になって故障のためまさかの回避。幸いながら軽度だったためすぐにダービーに目標を切り替えてきました。今回は枠も1枠1番という絶好枠を引き当てたこともプラス材料となります。

 

しかし、ダノンプレミアム不安がないわけではありません。というのもダノンプレミアムの一族をたどっても長距離戦で活躍した馬が少ないので2400mのダービーの舞台がどう出るかが不安視もされています。また、過去20年、2ヵ月の休み明けでダービーを制した馬は不在。そんな2つの不安なデータを破ってダービーを制するかの期待がかかりますが…果たしてどうなるのでしょうか。

 

そんなダノンプレミアムに続くのが3戦無敗のブラストワンピース。

 

毎年、ダービーになると別路線の馬が注目を集めますが、今年最大の惑星となっているのがこの馬。デビュー当時はさほど期待されていなかったものの、新馬勝ち後一息入れたゆりかもめ賞で解消すると続く毎日杯では1番人気の支持を集めました。

 

このレースは10頭立てのレースで馬群をさばく必要性がなかったものの、ブラストワンピースは2番手から抜け出す形で快勝して重賞初制覇。しかもタイムも1分46秒5という好タイムでした。もともと毎日杯の好走馬は後に出世することが多いだけにここでも期待されています。ちなみにこの時2馬身後方にいた2着ギベオンは続くNHKマイルCでも2着。それを全くと言っていいほど相手にしなかったところでこの馬の実力の高さが見て取れます。

 

ただし、馬体重の重さが懸念材料。というのも毎日杯時点で522キロと少々重いとされていた中でダービー前の火曜日に計測した体重は539キロ。いくら追い切り、輸送があるとしてもダービー当日に522キロを割るとは到底思えず、太め残りで出走することに不安があります。

 

これに続くのがワグネリアン。

 

ダノンプレミアムに弥生賞で敗れる前まで、この世代の最強馬候補として名前が挙がっていたのはこの馬。東京スポーツ杯2歳Sで快勝して2戦2勝という成績を残していましたが、弥生賞でダノンプレミアムに敗れさらに皐月賞でも1番人気6着と完敗。しかし、この敗れた2戦はいずれも小回りの中山競馬場でのもの。祖母譲りの末脚を生かすのであればやはり広い東京コースでとなるだけに、ダービーの舞台はまさに絶好。鞍上の福永祐一はこれまでダービーを制したことがないだけに、悲願の初勝利がかかります。

 

日本ダービーは5月27日(日)の15時40分発走予定。日本競馬の歴史を変えるようなスターホースが誕生する1日だけに、ぜひ馬券を買って未来のスターホースを応援したいですね!!


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

関連ページ

高松宮記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
大阪杯2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
桜花賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
皐月賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
クイーンエリザベスU世カップ2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
天皇賞(春)2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
オークス2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。