1xbet日本語ガイド

【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

ジョッケクルブ賞2018 気になる出走馬の詳細は?

 

競馬発祥の地、イギリスでダービーが行われるなど、各国のダービーは5月から6月のアタマに行うことが大半。フランスもその例にもれず、フランスダービーとも言うべきレースのジョッケクルブ賞が間もなく開催されます。

 

今年のジョッケクルブ賞は6月3日(日)の16時15分(日本時間:23時15分)にシャンティイ競馬場の芝コース2100mで開催されます。

 

「ジョッケクルブ」という聞き慣れない言葉ですが、実はこれをアルファベットで表記するとJockey Club。つまり日本で言うところの競馬会を指す用語になります。馬主の集まりとして成立するこの会をフランス競馬でも採用したことでこうした名称で呼ばれるようになり、ダービーに値するレースとして名付けられることになりました。

 

日本では仏ダービーと表現されるこのレースですが、世界的には仏ダービーとは呼ばずにこちらの名称で呼ばれることがほとんどです。

 

さてそのジョッケクルブ賞の創設は1836年。他国同様にイギリスのダービーを模範にしたクラシックレースです。このレースの歴史的特徴として挙がるのが戦火の影響を受けたケースが非常に多いこと。

 

例えば日本ダービーは第二次世界大戦中に45年〜46年の2年が中止されましたが、ジョッケクルブ賞は1871年の普仏戦争時、1915年に第一次世界大戦で中止、さらに40年の第二次世界大戦でも中止されたという経緯があります。ただし、第一次世界大戦時の16年から18年は4つの競馬場を使ってトロワザン賞として代替開催され、40年の時は6月開催ではなく11月に開催時期がずれ、シャンティ賞という名称で行われています。

 

そんなジョッケクルブ賞ですが、2005年を境に出走馬の傾向がガラリと変わりました。というのも、当時は他国のダービーと同じく2400mで行われていましたが、ほぼ同じ距離で行う英ダービーや自国の2400mのG1レースであるパリ大賞典との差別化ができないという理由でこの年、距離を300m縮めて2100mで開催することになりました。

 

距離を短縮したことで出走馬のバリエーションが増えたという見方もありますが、一方でマイラーとも言える馬にダービー馬の肩書きを与えるのはいかがなものかという反論意見もあり、現時点でも賛否両論あるのがこのレースの特徴とも言えます。歴代勝ち馬でも2400m時代はモンジュー、スラマニ、ダラカニなどの後に凱旋門賞などのビッグレースで勝利した馬がいましたが、2100mに短縮した05年以降はそうしたビッグレースを制した馬があまりいないという寂しい状態が続いています。

 

それでも、ジョッケクルブ賞はフランスの3歳馬の最高峰のレースとして知られ、レース当日華やかに彩られることでも知られています。競馬大国であるフランスのダービー馬が決まるレースだけにどんな馬が出てくるか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

今年のジョッケクルブ賞の1番人気に支持されているのはオルメド。今年のフランス2000ギニーを制した実力馬です。

 

日本ではあまり聞きなれないデクレレーションオブウォー産駒の馬でデビュー前からマイラーとして期待されていましたが、昨年8月のデビュー戦を快勝すると、マイル路線に舵を取り、ジャンリュックラガデール賞2着などの好走を見せました。しかし、2歳時の成績は3戦1勝、2着2回とよく言えば堅実、悪く言えば詰めの甘い成績を残していました。

 

特にジャンリュックラガデール賞は牝馬ハッピリーに完敗する形の2着。これがキッカケとなってか、イギリス2000ギニーを選ばずに自国のフランス2000ギニーを目指した形になりました。

 

年明け緒戦のフォンテンブロー賞も2着に終わり、本番のフランス2000ギニーは2番人気で迎えましたが、今までの詰めの甘さがどこ吹く風とばかりに鋭い末脚を見せて快勝。晴れてG1ホースの仲間入りを果たしました。

 

今回は初の2100m戦ということで不安視されますが、距離が短縮されてからのジョッケクルブ賞はフランス2冠馬を輩出しやすくなったのは確か。オルメドは母父ピヴォタルという点を考慮しても2100mの距離は守備範囲と言えるでしょう。

 

このオルメドに次ぐ人気を集めているのがスタディオブマン…レース当日にはこちらの方が1番人気に推される可能性もあるほど、注目度の高い1頭です。

 

というのもスタディオブマンの父は日本でもおなじみとなっている三冠馬ディープインパクト。今年の日本ダービー馬、ワグネリアンを輩出したのはもちろんですが数々の活躍馬を出してきた中でフランスではまだ無名の存在。ですが、この馬はフランスの馬場にマッチしてジョッケクルブ賞の前哨戦になるグレフュール賞を圧勝。2番手から突き抜けるという味なレース振りでここも期待が持たれます。

 

ちなみにグレフュール賞の過去の勝ち馬はモンジューやパントルセレブルなど歴代の名馬の名がズラリ。ここを勝てば凱旋門賞の扉も開くと言っても過言ではないでしょう。

 

ジョッケクルブ賞は6月3日(日)の16時15分(日本時間:23時15分)に発走予定。フランスのダービー馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

関連ページ

高松宮記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
大阪杯2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
桜花賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
皐月賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
クイーンエリザベスU世カップ2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
天皇賞(春)2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
オークス2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
日本ダービー2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
安田記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。