1xbet日本語ガイド

【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

ブリーダーズカップクラシック2018 気になる出走馬の詳細は?

 

秋も深まるこの時期。日本では徐々にビッグレースが行われるようになりますが、ダート競馬の大家・アメリカも盛り上がりがピークに達します。そしてアメリカ総決算とも言えるビッグレース、ブリーダーズカップクラシックの開催が間もなくに迫りました。

 

今年のブリーダーズカップクラシックは11月3日(土)の17時44分(日本時間:11月4日(日)9時44分)にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場のダートコース2012mで開催。3歳以上の馬が出走可能のアメリカの最強馬決定戦。アメリカ競馬の2018年の締めくくりと言っても過言ではありません。

 

そもそも、アメリカ競馬には「最強馬決定戦」という概念が希薄で、「その都度、勝った馬が強い」という風潮がありました。そのため、日本よりもはるかに歴史を持つ国だったにもかかわらず、「現役最強馬決定戦」がない状態が1970年代まで続いたアメリカ競馬の人気は徐々に下降線をたどるようになりました。

 

そうした流れを食い止めるべく立ち上がったのが、ケンタッキー州でゲインズウェイファームを営んでいたジョン・ゲインズ。「アメリカ競馬の祭典を作ろう」という動きで他の国でも類を見ない1日にG1レースをいくつも行うという意欲的な試みを84年に始めました。

 

そのためには賞金が必要となりますが、当然ながらスポンサーは付きません。そこでゲインズは生産者の資本をより合わせて、勝った馬が総取りというシステムを築きました。これが由来となり、レース名も「ブリーダーズカップ」となりました。そしてカテゴリーごとに分けたレースは2018年現在、以下のようになっています。

 

・ブリーダーズカップジュベナイルターフ
・ブリーダーズカップダートマイル
・ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフ
・ブリーダーズカップディスタフ
・ブリーダーズカップジュベナイルフィリーズ
・ブリーダーズカップフィリー&メアターフ
・ブリーダーズカップフィリー&メアスプリント
・ブリーダーズカップターフスプリント
・ブリーダーズカップジュベナイル
・ブリーダーズカップターフ
・ブリーダーズカップスプリント
・ブリーダーズカップマイル
・ブリーダーズカップクラシック

 

2日間に賭けて合計13レースも行われるという豪華さ。その中でも最後方となっているのがメインのブリーダーズカップクラシック。古馬と3歳馬がぶつかり合い、まさにアメリカの最強馬が決まる一戦。それだけに盛り上がりも尋常ではありません。

 

また、ブリーダーズカップの面白いところに開催地の持ち回り制が挙げられます。今年の開催地であるデルマー競馬場はカリフォルニア州にある競馬場で、夏場のビッグレースが多く行われる場所。また、38年には名馬シービスケットとリガロッティのマッチレースが行われ、アメリカ競馬では初となるラジオ中継も行われたことで知られています。

 

アメリカ最強の馬が決まる一戦だけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカーで発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

ブックメーカー1xbet

 

ブックメーカーウィリアムヒル

 

今年のアメリカ競馬界を圧巻した3冠馬のジャスティファイは現役を引退するなどスターホースが乏しくなった感のあるアメリカ競馬の中距離路線ですが、ジャスティファイが輝く瞬間とほぼ同時に覚醒した馬はここにやってきました。その馬こそ、今年のブリーダーズカップクラシックで1番人気に支持されているアクセラレートです。

 

父にG1を5勝したルッキンアットラッキーを持っていただけに速い時期からのデビューを期待されていましたが、それに反して3歳の4月にデビューするという遅さ。しかもなかなか勝ち上がれず、初勝利を挙げたのはそれから3ヵ月後のこと。当然、ケンタッキーダービーはおろか、アメリカ牡馬3冠レースは全て終わってしまいました。

 

しかし、ここからとんとん拍子で2連勝を挙げると、続くレースはロスアラミトスダービー。手薄なメンバー構成ではありましたが、しっかりと勝利して3連勝。重賞初制覇を飾りました。この勢いのまま、ブリーダーズカップダートマイルに挑戦。身の程知らずと非難もされましたが、強豪相手に3着と一定の結果を残して3歳シーズンを終えました。

 

大いなる期待を持って迎えた4歳シーズン。当然アクセラレートはG1制覇を目指しますが、待っていたのはいばらの道。もともと初勝利を挙げるのに4戦もかかったように勝ち味に遅いクチですが、この年はそうした悪い面が噴出。8戦して勝ったのはサンディエゴハンデキャップのみ。それ以外のレースは2度目の挑戦となったブリーダーズダートマイルの9着以外はすべて2〜3着という詰めの甘いレースを連発しています。

 

どこか物足りない馬という印象が付いてしまったアクセラレートですが、5歳にしてついに本格化を果たします。今年緒戦となったサンパスカルSで快勝すると、続くサンタアニアハンデキャップで2着のムフタヒージに5馬身半もの差をつける圧勝で念願のG1初制覇を達成します。

 

この後に挑んだオークローンハンデキャップは不覚を取って2着でしたが、その後はG1レースばかりを使われて3連勝。中でもパシフィッククラシックSでは向こう正面から仕掛けて先頭に立つとそのまま押し切るというレースを見せて圧勝。今度は2着馬に12馬身半差をつけて、ジャスティファイのいない今、名実ともにアメリカ最強馬の座を手にしました。

 

ここまで本格化したアクセラレートですが、来年には種牡馬入りすることが発表。ということでブリーダーズカップクラシックへの挑戦は今年が最初で最後。それだけに気合が入っていることは間違いありません。

 

これに続くのが遅れてきた3歳馬、マッキンジー。

 

今年のクラシック戦線を引っ張ったのはジャスティファイですが、ライバル不在の中で達成した3冠レースという印象がぬぐえぬままでした。その最大の理由となっているのがこのマッキンジーの不在だったと言われるほど、今年の3歳世代ではトップクラスの力を持っている馬でした。

 

デビューが2歳10月だっただけにブリーダーズカップには間に合いませんでしたが、2戦目のロスアトミトスキャッシュコールFで快勝してたった2戦目でG1制覇とアクセラレートとは真逆のプロフィールを持っています。その後年明け緒戦のシャムSも順当に勝ち、いよいよケンタッキーダービー戦線のトップホースに躍り出るかと思われていましたが、続くサンフェリペSで降着して2着に敗れて初黒星。さらに質の悪いことにレース後に故障して戦線を離脱。長い休養に入ることになりました。

 

ようやくマッキンジーが表舞台に戻ってきたのは9月終わり。ライバルとなるはずだったジャスティファイは3冠馬というタイトルを引っ提げて一足先にスタッドイン。3歳馬の頂上決戦は幻に終わりましたが、マッキンジーの強さは変わりませんでした。復帰初戦となったペンシルベニアダービーでも楽勝して2度目のG1制覇を復帰初戦に達成。今度は古馬制圧に向けてブリーダーズカップクラシックにエントリーしてきました。これまで裏王者という感が強かった馬だけに、ここで勝って真の王者に名乗りを上げるか期待されています。

 

その他の馬ではカタホリックボーイ、ウエストコーストらが続きますが、日本の競馬ファン、そして欧州の競馬ファンになじみが深いと言えばヨシダとロアリングライオンでしょう。

 

まずはヨシダから。その名の通り、生産は日本の大牧場でノーザンファーム。馬名はノーザンファーム代表の吉田勝己氏から取ったものとされています。ハーツクライ産駒と言うことでどう考えても芝向きの血統に思えますが、母親はアメリカG1馬ということでアメリカ競馬の馬場に適性を感じた、ジョン・マコーマック・ブラッドストックがセレクトセールで落札。アメリカでデビューすることになりました。

 

重賞初制覇が3歳、G1初勝利が4歳とかなり遅咲きの馬ではありましたが、9月に行われたブリーダーズカップクラシックの前哨戦であるウッドワードSで勝利。これが初ダートだったというまさかの路線変更となりましたが、大外から突き抜けて快勝。日本産馬による史上初のアメリカダートG1制覇が成し遂げられました。ここでは相手が強い印象がありますが、あの末脚は強烈で、再度の爆発が期待されます。

 

そしてもう一頭はロアリングライオン。ヨーロッパのG1馬というよりも日本のファンには「サクソンウォリアーのライバル」といったほうが聞こえがいいかもしれません。

 

2歳10月のレーシングポストトロフィーでサクソンウォリアーと初対戦時は2着に敗れていたロアリングライオンですが、その後も英クラシックを目指していくうえでサクソンウォリアーと幾度となく対戦。結果は2000ギニーでサクソンウォリアーに敗れ、英ダービーで先着するという内容でしたが、この馬の真の個性が発揮されたのは7月以降。エクリプスSでサクソンウォリアーを交わして念願のG1制覇を果たすと、インターナショナルSでも勝利して2連勝。同じレースに挑んだサクソンウォリアーを寄せ付けませんでした。

 

さらに9月にはアイリッシュチャンピオンSに出走し、ここでもサクソンウォリアーが先に抜け出したところを猛然と追い込んで勝利。その追い方はまさに獲物を追うライオンそのもの。サクソンウォリアーを負かすために生まれてきたのでは?と感じさせるほど、その因縁を強く意識させました。

 

今回が初のダート戦、初のアメリカ遠征となるのでいろいろ不安になりますが、父はキトゥンズジョイ。アメリカダート界ではおなじみの種牡馬で適性は抜群。初ダートにこの馬がどこまでフィットするかが勝負を分けそう。後の種牡馬入りを見据えてのレース選択に注目が集まります。

 

ブリーダーズカップクラシックは11月3日(土)の17時35分(日本時間:11月4日(日)9時35分)に発走予定。アメリカ最強の馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】最大13,200円無料プレゼント実施中!!

>>1xbetに登録する<<

関連ページ

高松宮記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
大阪杯2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
桜花賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
皐月賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
クイーンエリザベスU世カップ2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
天皇賞(春)2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
オークス2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
日本ダービー2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
安田記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
ジョッケクルブ賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
ベルモントS2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
プリンスオブウェールズS2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
ダイヤモンドジュビリーS2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
宝塚記念2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
エクリプスS2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
キングジョージ6世&クイーンエリザベスS2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
アーリントンミリオン2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
スプリンターズS2108
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
秋華賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
菊花賞2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
天皇賞(秋)2018
1xbetの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー1xbetのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。